バーチャルで楽しむ鉄道模型シミュレーターオンライン

シミュレーター

鉄道模型シミュレーターオンラインは、インターネット接続のバーチャル空間で自由に走らせて楽しむことができるサービスです。

新幹線から蒸気機関車など模型の品質そのままに実在する風景を眺めながら楽しむことができ、鐵道マニアのみならずコミュニティとして共有することもできます。

鉄道模型シミュレーターは、あらゆるパーツをマウスを使いドラッグやドロップの簡単操作で施して制作できることや、クオリティーの高い3D映像で楽しめる他、オンラインならではの鉄道模型コミュニティサイトなどでブログを通じて自宅から公開し合ったりできる良さもあります。

オンラインではパーツショップなどであらゆるパーツを購入できる楽しみもあり、その数も多くライナップされて自分好みの模型が製作できます。実際の模型が正確に再現されており、実車さながらの車両の感覚が得られます。

眺める景色はカメラワークを使いこなせば驚きの迫力ある景色も楽しめ、車両のレールや傾斜、カーブなどのプログラム制御も可能となっています。鉄道模型シミュレーターは、オンラインのみの魅力も備わり、料金体系や様々なシステムのサイトがあるので、まずは無料登録など行ってみてはどうでしょうか。

鉄道模型シミュレーターとシミュレーターソフトについて

シミュレーター

鉄道模型シミュレーターは、鉄道模型のシミュレーターソフトです。

シミュレーターソフトは、シミュレーションソフトウェアのことで、鉄道模型シミュレーターは1998年に販売されてから、多くの鉄道マニアに愛されてきました。

シリーズ化されているため、1998年に発売されたソフトウェアは、初代と呼ばれることが多く、単に鉄道模型シミュレーターと表記されている場合、シリーズ全体を指すことが多いです。

VRMと略されていることが多く、版元でも正式なパッケージ名を表記する時以外は、VRMという略式の名称を使っています。

鉄道模型シミュレーターには、様々な魅力があります。

現実の世界では、なかなか実現することが困難な鉄道模型のレイアウトを、思い通りにコンピューター上で楽しむことができます。

仮想空間に、レールなどの部品を並べてデザイン確認を行ったり、列車をレール上に配置して走らせることも可能なのです。

レイアウターとビュワーの2つの仕組みがあり、役割で言うと、レイアウターが作成専用で、ビュワーが実行専用となります。

最近は、このような2つの構造によるソフトウェアは珍しくありません。

雑誌などでも、ディテールの細かさが評価されており、新しいシリーズが発売されると、常に大きな注目を集めています。

鉄道模型シミュレーターとレイアウトについて

レイアウト

鉄道模型シミュレーターは、略称VRMというソフトウェアシリーズです。

発売されたのは1998年で、現在でも根強いファンが日本全国にいます。

鉄道模型シミュレーターは、現実の社会では多くの制約があって実現が困難な鉄道模型のレイアウトを、コンピューター上で楽しめるシミュレーターです。

レールなどのパーツを並べたり、列車を配置してレールの上を走らせることができます。

パーツ配置を行うのはレイアウターで、作ったレイアウトを描画するビュワーとの2段構造で知られています。

鉄道模型 ジオラマ

レイアウターでは、鉄道模型のレイアウトをチェックして、ビュアーを使って見え方をシミュレーションします。

ビュアーの運転台の視点を利用することで、鉄道運転シミュレーションとして使うこともできます。

従来の鉄道模型の概念にとらわれない斬新なシミュレーターとして評価する人も多いです。

シリーズは、パッケージ番号とリリースバージョンを見ることで区別することができます。

リリースバージョンが同じパッケージを追加するおt、部品数と機能が増えることになります。

ソフトウェアの開発は、プログラム作りからモデリングまで自社内で行っており、サイトには開発ブログもあり人気を博しています。

鉄道模型シミュレーターと連結機能について

連結機能

鉄道模型シミュレーターとは、文字通り鉄道の模型をシミュレートする機能のことを指しますが、現実では空間的な問題、経済的なもんなどの制約に縛られて、作成が難しい鉄道模型のレイアウトを、コンピュータ上で手軽に楽しくできるようになどを目的として作られたシミュレーターです。

レールなどのパーツを組み合わせて配置し、実際に列車をレールに乗せて走行させたりも出来ます。ソフトウェアとして開発されていて、ゲームソフトとして派生している商品もあります。

ソフトウェアの開発は年々進められていて、ソフトは初代から5世代まで、さらにはオンライン機能を実装した商品も開発されています。使える機能は多岐にわたり、実際にある駅やターミナルを本物そっくりに再現することが出来たり、視点を運転席から見た風景に買えることも出来ます。

製品が進化していくごとにグラフィックをきれいにすることが出来たり、建築学などの違う学問の知識を取り入れて進化していっているのも鉄道模型シミュレーターの魅力です。

また連結機能も搭載されていて、列車と列車が連結している風景や、実際に連結を体験してみるなど走らせたり、眺めるだけでなく、実際の作業風景をも鉄道模型シミュレーターでは体験することが出来ます。